「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【家族の風景】内田篤人 / 無関心とは最も遠い男の姿が、そこに(2013.5.31)

 

いち早くミックスゾーンに姿を現した内田篤人は、いつまでも質問に答えていた。ひとつの輪が解けるとまた次、その輪が解けたあとも、2〜3人の記者から個別に呼び止められる。それを面倒な顔もせずひょうひょうと受け答えしていた。

(残り 1139文字/全文: 1253文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック