「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【練習レポート】容易にイメージできる、それぞれの特長を十二分に生かした美しい攻撃(2014.4.25)

 練習を見る限り、セレーゾが広島対策として考えている守備は2段階ある。

 まずは、最終ラインまでプレッシャーをかけてボールを奪うこと。もうひとつが、自陣でゴールを守ること。基本的にはこの2つだ。

 前からプレスをかけるやり方は、正直、うまくいっていなかった。問題点は簡単だ。前にプレスをかける人数が少ないのである。そのため、プレスがプレスになっていないのだ。

(残り 2299文字/全文: 2473文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ