「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【家族の風景】ケルンで感じた手応えを代表でも/大迫勇也(2015.03.30)

 この代表期間中、大迫勇也の表情がずっと明るい。ミックスゾーンに現れるときも表情を曇らせたり、うつむきがちに歩く選手がいるなかで、大迫はつねに少しアゴをあげ100人近く駆けつける報道陣からの視線を避けることなく、新しく始まった代表チームで過ごす時間を心置きなく楽しんいる様子がうかがえた。

 FWでありながら守備的な役割ばかりを求められるケルンとは違い、日本代表では当然ながら得点を求められる。そのことがストライカーとしてのやりがいを呼び覚ます要因となっているのかもしれない。

(残り 561文字/全文: 796文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ