「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【プレビュー】ひと際目立つ柴崎岳の存在感。G大阪戦の教訓を生かし前進したい/明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 ヴァンフォーレ甲府戦(2015.09.18)

 今節の甲府戦はG大阪戦の悔しさを払拭する試合となりそうだ。甲府が得意とするのはバレーと阿部拓馬を活かしたカウンター。そして、G大阪の宇佐美貴史に奪われたゴールもカウンターから。見事なゴールではあったものの、あれを防げるようにならなければこれからG大阪と当たったときに勝機がなくなる。もう一度連勝街道を突き進むためだけではなく、戦術的な進歩が見せるためにも、甲府のやりたいことをどれだけ防げるかが試合の焦点となるだろう。

 

(残り 1500文字/全文: 1710文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ