「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF20三竿健斗が「サッカーはメンタルのスポーツ」と言い続ける理由/【プレイヤーズファイル】

1-0の勝利をあげた鳥栖戦のなかで、特に印象に残ったのが三竿健斗のクリアだ。以下のハイライトでも確認できるがかなり難しい場面だ。

 

試合会場ではどこでクリアしたのかわからないほど。それくらい密集をボールが抜けてからの時間はわずかだった。

「1本目は蹴った瞬間にボールが見えなくて、なんか抜けてくる気がしたので、適当に肩でやったらうまく当たってクリアできました」

大概こうした場面は慌ててしまうものだ。頭でクリアにいけばきっとオウンゴールにしていただろう。しかし、ボールが抜けてくることを予測して視線をあげ続けていたのなら、軌道に頭を合わせている時間はない。そのまま肩に当てて軌道を反らすという判断は非常に理に適った適切な判断だった。

もしかしたら、この1本だけだったら偶然と言えたかもしれない。しかし、三竿はもう1本決定的なクリアを行っている。今度は、左CKがゴール前を抜けてきた場面だったが、ここでもフォアにいた三竿は太ももでクリアした。

「2本目もすごい質の高いボールが来たんですけど、最後の最後までボールを見て反応できた。入んなくてよかったと思います」

 

(残り 766文字/全文: 1287文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック