「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

内田篤人が3試合ぶりに復帰!鹿島らしさを取り戻せるか/【プレビュー】JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 川崎フロンターレ戦

 なかなかひどい内容になってしまった第1戦から中3日での第2戦だ。選手たちも内容的に乏しかったことを否定しようとはしない。年に何度かこういう試合をしていることは問題だが、失敗を繰り返さず、改善することができればその失敗も意味があったことにできる。

「内容はあまりよくなかったけど1-1で終われた。プレッシャーがあるのはうちをホームに迎えるフロンターレの方だと思う」

 そう言ってマイナス面も見方によってはプラスに変えられることを示したのは内田篤人だ。内容的には負け試合でも、可能性を十分に残すことができたのは幸運かもしれない。自らの発信力を利用して相手に本来は無いはずのプレッシャーをかける戦略もさすが。そう、次の試合は内田が戻ってくるだろう。

 

(残り 1222文字/全文: 1546文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック