「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

土居聖真のアピールと昌子源の現状/【練習レポート】9/12@クラブハウス

 中4日の湘南戦に向けてトレーニングを積むチームに中村充孝が戻ってきた。数的不利の状況を作った守備練習には参加しなかったが、部分的な合流を果たせたことはチームにとってプラスだ。

 練習の途中には三竿健斗も戻ってきた。日本代表ではいい刺激を受けたらしく、モチベーションを高くして帰ってきた。 試合出場が無かった事でコンディションも上がっているという。ルヴァンカップで生まれたていい流れを継続しつつ湘南戦に向かいたい。ただ、その試合後にはすぐにマカオに向かってAFCチャンピオンズリーグ天津権健戦を戦わなければならない。視野を広く持った選手起用が必要だろう。

 数的不利の守備練習はカウンターを狙ってくる湘南には有効なトレーニングだ。これまでカウンターに対して飛び込んでしまう守備で何度か失点を喫している。そうした部分を修正するには大事な練習だった。

 

(残り 566文字/全文: 939文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ