「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF41白崎凌兵「11対11とか大きなゲームをやってるときの感覚は悪くない」/【練習コメント】@宮崎キャンプ

 清水エスパルスで10番を背負っていた白崎凌兵は、鹿島に来ても清水と同じボランチでトレーニングを続けている。

 紅白戦では左サイドから受け取ったボールを右に開いたレアンドロにすばやく展開するなど、すでに鹿島っぽいボランチのパスさばきを見せ、適応力の高さをうかがわせている。(サイドチェンジは残念ながら風に乗ってレアンドロの頭を越えてしまったが、レアンドロは欲しいタイミングでパスを出してくれたことに拍手を贈っていた)

 27日のテゲバジャーロ宮崎戦を前に、期待のボランチに話しを聞いた。

 

 

(残り 1503文字/全文: 1753文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック