「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

責任感の履き違え。成長の糧にしなければならない3失点/【レビュー】明治安田生命J1リーグ第7節 FC東京戦

 前半戦における重要な試合に設定して臨んだが前半29分までで3失点と火の車になってしまった。内田篤人とクォン・スンテの離脱によって右SBがいない状況だったとはいえ、あまりにも軽い失点が3つも続いてしまっては勝負にならない。負けるときはいろいろな負け方があるが、対等な立場に立たせてもらえなかった印象だ。

 なぜ、こんな試合になってしまったのだろうか。

 

(残り 2410文字/全文: 2616文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック