「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

大岩監督の交代策で試合が動き3年連続のラウンド16進出が決定!/【レビュー】AFCチャンピオンズリーグ2019 山東魯能戦

 リーグ戦3連勝でもまだまだ半信半疑だったチームの形がいよいよ定まりつつある。

 もちろん、粗を探せばボロボロ出てくることだろう。欲しかった先制点を先に奪われてしまったことは、その最たる例だ。相手は突破を決めている状況があり、先発した中国人選手は今季の試合出場経験が少なかった。予想に反してグラッツィアーノ・ペッレ、フェライニ、ジウが先発したものの勝利に対する執着心は低く、ケアしなければいけないところは明らかだった。しかし、その高さの部分で抑えきれずゴールを許してしまったことは、今後の反省材料と言えるだろう。

 それでも膠着した試合を動かした逆転勝利は評価できる。しかも、試合を動かしたのは大岩剛監督の采配だった。山本脩斗の投入は、いままでの“大岩采配”とは明らかに違う色を帯びていた。

 

 

(残り 4998文字/全文: 5378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック