「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

大岩剛監督「前半は非常に不甲斐ないゲームでした」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第29節 松本山雅FC戦

■大岩剛監督 

台風で甚大な被害を受けた方々が多いときいています。そのなかで我々がここアルウィンでゲームができたことへ、関係者のみなさまへの感謝と被害に遭われた方が一日でも早く回復していただけるように祈っています。そして、このゲームが開催されたことに非常に感謝しています。

総括ですけれども、前半は非常に不甲斐ないゲームでした。後半、支配することができたんですけれども、自分たちがしっかりと勝つためにこのアルウィンに来た姿勢を最初から見せなければならなかったと反省しています。ただ、選手たちは最後の最後まで戦ってくれたことは、サポーターと一緒に戦ったことは評価したいと思います。

 

(残り 404文字/全文: 692文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック