「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

鹿島の次期監督は外国人/【鹿島の流儀】

 大岩剛監督の任期満了に伴い、天皇杯が終わったあとに新監督が発表されることになるだろう。トニーニョ・セレーゾのあと、石井正忠、大岩剛と2人の日本人監督が指揮を執ったため、監督が日本人であることが珍しくなくなっていたが、鹿島の歴史上、一時的に指揮を執った関塚隆を含めても4人のみ。それ以外はすべてブラジル人が監督を務めてきた。

 エドゥー、ジョアン・カルロス、ゼ・マリオ、トニーニョ・セレーゾ、パウロ・アウトゥオリ、オズワルド・オリヴェイラ、ジョルジーニョ。彼らに共通するのはブラジル人というだけではない。このクラブの根幹を成す重要なポイントを養うために、彼らの存在は不可欠だった。

 それは、選手の短所ではなく、長所を見るからだ。

 

(残り 2137文字/全文: 2453文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ