「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

ザーゴ監督「悪い結果が出たからといってやり方を変えたり、疑心暗鬼になる必要はないと選手には伝えました」/【コメント】ルヴァン杯グループステージ① 名古屋グランパス戦

■ザーゴ監督

前半はいままでの試合とは変わって、自分が思っていたパフォーマンスより低かったと思います。前半のなかでは数多くのチャンスがあって、それを決めきれなかったことで、逆にFK1本、マテウスのすばらしいシュートで失点してしまいました。後半に関しては自分たちが完全にゲームをコントロールしながら、チャンスを多くつくりましたが、また再びそれを決めきることができませんでした。決めることができれば違う展開になったと思います。ただ、チームがいままでの試合と違うパフォーマンス、姿勢という部分がありました。また見直すべき部分もよくなった部分もありました。敗戦したことについては悲しいし、寂しい気持ちがありますが、チームをつくっている段階としてまだいろんなものが足りないと思います。

 

――後半に二人の新人選手を入れた意図を教えて下さい。

単純に攻撃を活性化し、スピードアップするためです。見てのとおり彼らが入ってからチャンスが増えましたし、機動性も増えました。彼らが練習で示した姿勢から、僕は自信を持って送り出しましたし、それは彼ら自身がもたらしたものだと思います。見てのとおりすばらしい選手であり、当然、まだ磨かなければいけないところは多々あるかもしれませんが、起用してみたところ違いを示したと思います。彼らが入って流れが変わった、よくなったというところは評価すべきだと思います。

 

(残り 486文字/全文: 1072文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック