「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

勝点を積み重ねたいなら重心をずらすべき/【レビュー】明治安田J1第7節 FC東京戦

鹿島アントラーズ 2-2 FC東京

<得点者>

エヴェラウド、土居聖真

 

 DAZNで見返した映像と現地で見た印象はずいぶん異なるものだった。現地で見ていた感じだと、前半はかなり厳しい内容に感じられた。ボールを失ったあとのトランジションは重く、警戒していたはずの相手のカウンターをまったく防げない。監督はスペースを与えないことをあげていたが、攻め上がってくる相手よりも早く戻ろうとする選手は少なく、まわりが動いていないなか三竿健斗ひとりがボールにアタックしているような印象だった。

 試合映像を見返しても、そういった印象は残らなかった。テレビカメラはピッチ全体を映し出せるわけではない。ピッチ光景の一部分しか切り取られないため、ボールを失った瞬間のチーム全体のアクションを確認するのは難しい。その点については、確かにFC東京の方が整理されており、鹿島の動きは鈍かった。

 しかし、カメラでクローズアップされているからこそ確認できることも多かった。チャンスになりそうな場面は思った以上に多かった。チームは悪くないところまで来ているのかもしれないが、選手の個性に合わせた微調整が必要だろう。現地で見たとき、チーム全体のアクションがFC東京に劣っていたのも同じ理由からだ。

 ここまで積み上げてきたものは悪くないが、少し重心をずらした方がいいだろう。

 

 

(残り 3614文字/全文: 4225文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ