「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

鮮やかな復活!白崎凌兵の先制弾でゲームを掌握、2連勝を飾る/【レビュー】明治安田J1第22節 サガン鳥栖戦

「いまの現状で非常にいいパフォーマンスを示したんじゃないかと思います」

 基本的にザーゴ監督は、その試合に対してネガティブなコメントを残すことは少ない指揮官だが、鳥栖戦で見せた選手たちのパフォーマンスに対して非常に満足している様子を見せた。

 簡単な相手ではなかった。ホームで対戦したときは相手を押し込みながらも決定力を欠いたなか、後半の選手交代で流れを変えて勝利を掴んだが、今回はまったく違う展開だった。幸先よく先制点を奪いはしたものの、多くの時間で流れを手にしていたのは鳥栖の方だろう。

 CBの犬飼智也は「前半とかはスライドの距離が結構長くて、なかなかハマらないなと思ってました」と振り返る。DAZNの中継では解説者が「気持ちよくプレーしているのは鹿島の方」と話していたが、実際は違ったはずだ。

 相手のビルドアップは非常に優れており、多くの時間で我慢を強いられた。しかし、肝になる部分は絶対に外さない。ザーゴ監督の指示を忠実に実行した選手たちは、前回に引き続きシャットアウトで鳥栖を下し、チームに連勝をもたらした。

 

 

(残り 4649文字/全文: 5142文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ