「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

苦しい状況でもポジティブさを貫いた相馬采配は未来への投資/【レビュー】明治安田J1第15節 サガン鳥栖対鹿島アントラーズ

 札幌戦と順番が逆だったらテンションが途切れることなく戦えただろう。息つく暇もなく次の試合が来ることで自然と集中力は持続する。しかし、一度下がってしまったものを短期間で同じレベルまで引き上げるのは簡単ではない。プレビューに書いたとおりになってもこういう試合は嬉しくない。

 「プラスの部分をどこまで出せるかよりも、マイナスが出ないようにする一戦である。」

 まさにこのとおりになってしまった。

 

 

(残り 2225文字/全文: 2456文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ