「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

2022シーズンが始動!ヴァイラー監督不在のなか岩政コーチが音頭を取る/【練習レポート】

11日に始動予定だった練習が、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性診断となったことを受けて中止に。トップチーム選手およびチーム関係者合わせて約50名に対して新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施する事態となったが、幸い全員が陰性となり、12日から無事に始動することができた。

レネ・ヴァイラー監督も来日できていないため、音頭を取ったのは岩政大樹コーチ。

初めて話しを聞いた荒木遼太郎は「最初の集合の話だとか、聞くとやっぱり、今まで常勝軍団にいた鹿島アントラーズのメンタリティーだったり、そういう考え方を持っていらっしゃる方だなというふうに思ったし、ついていけば間違いなく優勝できるかなというふうには思いました」と話した。

(残り 1266文字/全文: 1590文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ