群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】天皇杯予選決勝 ザスパ 「辛勝」  

 【戦記】天皇杯予選決勝  ザスパ「辛勝」  

 

 

事故によって上がった「ゲーム難易度」

 

前半3分、ショッキングな出来事が起こった。

 

足元でボールをキープしていたGK小泉勇人が、相手FWに詰められてボールロスト。そのまま横につながれて、立ち上がり早々に失点を許してしまう。

 

布啓一郎監督は「ベンチサイドで『相手が来なければ持ち出して、高い位置から精度のあるキックを入れていけ』と伝えていたが、彼のリズムではなかったのかもしれない」と、ミスに至るシーンを振り返った。

 

状況判断ミスと、慢心によって発生した「事故」。

 

これによって、ゲームの難易度は一気に上がってしまった。

 

(残り 2082文字/全文: 2377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック