群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J3第16節 ザスパ対沼津  無情のドロー 渡辺広大コメント

【コメント】J3第16節 ザスパ対沼津  無情のドロー

 

渡辺広大コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−1 沼津

前半(1−1)

後半(0−0)

 

【得点】

 

23分:坂井大将

(ザスパ=アシストなし)

 

45分:PK(沼津)

 

 

【システム】

[4-4-2]

 

=============    

======高澤=====

=============

岡田====坂井===青木翔

=============

===窪田=ジャス===

=============

光永==渡辺==舩津==吉田

=============

=====吉田舜=====

 

【交代】

61 分:坂井→田中稔也

70分:岡田→飯野七聖

87分:青木翔→福田俊介

 

【控え】

キムチョルホ

福田俊介

鈴木順也

青木翼

飯野七聖

田中稔也

岩田拓也

 

 

【戦評】

レフリーのジャッジが、ゲームを“壊した”。ザスパは、坂井大将、窪田良が今季初先発。坂井をトップ下に配置する[4-2-3-1]の布陣で沼津の守備ブロックを崩しにかかる。サイドを軸に攻撃を組み立てるザスパは前半23分、吉田将也の右クロスをGKが弾くと、坂井が豪快に蹴り込んで先制に成功する。だが前半45分、不運なPKを取られて1−1の同点で折り返す。後半、互いの意地がぶつかり合う展開の中で、ザスパは猛攻を仕掛けたがゴールを奪うことができず、ドローに終わった。レフリーの不可解なジャッジの数々がストレスを生む、煮え切らない結果となった。

 

(残り 550文字/全文: 1153文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック