群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】ザスパ奥野僚右監督が目指すスタイルは?「ひたむきさ、一生懸命さ・・・ザスパの原点を忘れずに戦っていく」

【Gマガ】ザスパ奥野僚右監督が目指すスタイルは?

テストマッチから見えたチーム基盤

「ひたむきさ、一生懸命さ・・・ザスパの原点を忘れずに戦っていく」

 

 

 

ザスパは25日にチャレンジャーズとテストマッチを実施した。13日の始動から約2週間、チームはここまでオフ返上でトレーニングを重ねてきた。奥野僚右監督は始動日の会見で「チームのスタイルはこれから具体的に作っていく」と語っていたが、チームの骨格が徐々に見え始めている。監督会見コメントと、対チャレンジャーズのテストマッチ後の取材をヒントに、奥野スタイルを探っていく。

 

 

2002、2003年にザスパに在籍し、クラブの礎を築いたレジェンド

 

 

奥野監督は2002年のザスパ誕生時の初代監督(兼任選手)。2002年の群馬県リーグ、2003年の関東リーグ、そしてJFL昇格の地域リーグ決勝大会を戦い、ザスパのJ2昇格の礎を築いた。奥野監督がザスパでプレーした2年間、チームは快進撃を続けた。ファン・サポーターはJへの夢を抱えて歓喜に沸いたが、奥野監督をはじめ選手たちは大きな重圧を背負って戦っていた。

 

 

「アマチュア時代のあの2年間は背水の陣だった。負けたらチームがなくなってしまうかもしれないというプレッシャーの中で必死になって戦っていた。JFL昇格をかけた2003年の地域決勝リーグは過酷な連戦だったし、選手としては二度と携わりたくないような時間だった。勝った喜びよりも毎試合が無我夢中で、生き残るために前進あるのみという気持ちで進んでいった。この2020年も同じ覚悟だ」

 

 

(残り 1543文字/全文: 2232文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック