群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第36節ザスパ対大宮  反撃及ばず1−2敗戦  ホームで白星遠く・・・ 奥野僚右監督コメント

【結果】J2第36節ザスパ対大宮

 

反撃及ばす1−2敗戦  ホームで白星遠く・・・

 

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−2 大宮

前半(0−1)

後半(1−1)

 

【得点】

 

10分:小野雅史(大宮)

49分:菊地俊介(大宮)

78分:白石智之(ザスパ)

 

  

【結果】

 

粘りはみせたが内容的には完敗だった。ザスパは、前節ゴールを決めた白石智之が左MFで先発し、積極的なプレーをみせたが、チームとして大宮の質の高いサッカーに後手に回った。浮き足立つザスパは前半10分にセットプレーのこぼれ球を蹴り込まれて失点。0−1で迎えた後半立ち上がりの後半4分にはカウンターから追加点を奪われた。ザスパは終盤の後半33分に白石が意地のゴールを決めて1点を返したが、反撃もそこまで。気迫みなぎる大宮に対して1対2で競り負けた。

 

 

奥野僚右監督

 

 

「立ち上がりの早い時間帯に、CKの流れから失点してしまい、ビハインドになったわけですが、慌てることなくプレーしようということで進めていったのですが、相手の圧力によってボールをうまく運ぶことができなくなりました。

 

後半も早い時間帯に、カウンターから失点してしまいました。ただ、そのあとにボールをつなぐことができるようになって、我々の時間帯ができてきたと思います。

 

その中で粘り強く戦うことができて1点を返すことができました。ただもう1点を返すだけのパワーと精度を表現することができなかったと思います。勝てませんでしたが、選手たちはひたむきに最後まで、同点、逆転を目指して、努力してくれたと思います」

 

(残り 959文字/全文: 1653文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ