群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第37節ザスパ対町田  ゴールラッシュで快勝! 奥野僚右監督コメント

【コメント】J2第37節ザスパ対町田

林陵平、宮阪政樹、大前元紀

役者揃い踏み、ゴールラッシュで快勝!

 

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 3−0 町田

前半(1−0)

後半(2−0)

 

【得点】

 

35分:林陵平(ザスパ=PK)

75分:宮阪政樹(ザスパ)

79分:大前元紀(ザスパ)

 

 

【戦評】

 

ザスパが、町田を木っ端微塵に粉砕した。ザスパは前節大宮戦から先発6選手を入れ替えてゲームへ臨んだ。前線には、現役引退を発表した林陵平が6試合ぶりに先発。GKには松原修平が起用された。序盤からリズムをつかむと、前半35分に飯野七聖がPKを獲得。それを林陵平が豪快に蹴り込んで先制に成功した。林は待望の今季初ゴール。後半も主導権を握ると後半30分に宮阪政樹がミドルショットを決め、後半39分にはエース大前元紀がダメ押しゴールを流し込んで3対0で快勝した。役者たちのゴールラッシュは、気分爽快だった。奥野僚右監督は「林陵平のゴールがチームのムードを高めてくれた。攻守一体となったパフォーマンスが勝利につながった」と話した。ザスパは、勝点を36に伸ばした。

 

 

奥野僚右監督

 

「立ち上がりは少し固さも見えたシーンもあったのですが、相手の圧力をかわせるようになりまして、しっかりとボールをつないで、積極的に攻撃できるようになっていきました。その中で、良い時間帯にPKをいただくことができました。それを林選手が決めてくれまして、その先制点が非常に大きかったと思いました。

 

(残り 1125文字/全文: 1773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ