群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第31節ザスパ対千葉  0対1惜敗 畑尾大翔コメント「相手が嫌がることをやらなければいけない」

【コメント】J2第31節ザスパ対千葉

0対1惜敗 セットプレーから痛恨の失点

畑尾大翔コメント「相手が嫌がることをやらなければいけない」

 

 

 

【結果】

 

ザスパ  0−1  千葉

前半(0−0)

後半(0−1)

 

【得点】

 

86分:高橋壱晟(千葉)

 

【戦評】

 

残り5分が耐えられなかった・・・。ザスパは前節琉球戦と同じスタメンで2連勝を狙った。青木翔大、高木彰人の2トップを起点に攻撃を組み立てていったが、時間の経過と共にゴールから遠ざかっていった。それでも大武峻、畑尾大翔の守備陣を軸に前半をスコアレスで折り返すと、後半早々に大前元紀を投入。千葉が攻撃の圧力を高める中で、GK清水慶記が度重なるピンチを凌ぎながら耐えていった。劣勢の状況下、「勝点1」でも取れれば御の字だったが、後半41分、FKのセットプレーを与えると、その2次攻撃から千葉・高橋壱晟に蹴り込まれて痛恨の失点。プランが崩れたザスパは一転して反撃に出たがゴールが奪えず0対1で惜敗となった。

 

 

畑尾大翔

 

相手のFWは抑えられていた。

 

「決め事というか、CBのところで負けないこと、2列目から抜けてくる選手をつかむことを徹底しました。相手FWに起点を作られてしまった部分もあったので、僕自身も成長していかなければいけないと感じました」

 

(残り 1144文字/全文: 1694文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ