【サッカー人気1位】村井チェアマンの決断を心から支持する理…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第39節松本山雅FC戦「松本の粘り強さと反町采配に屈した非力な敗戦」(2012/10/22)

流れを変えた後半のシステム変更

「全体的にすごく面白いゲームだった」と試合後に柱谷哲二監督が振り返ったように、試合は両チームの力と力、気迫と気迫がぶつかり合う好ゲームとなった。しかし、結果的に水戸は1対2で負けた。15試合でわずか1敗という結果が示すように、確かに松本は強かったが、しかし、相手はJ2初年度のチームであることを忘れてはいけない。そのチームに押し切られて負けた事実を重く受け止めるべきだろう。そして、この結果、残り3試合で6位との勝ち点差は9となり、数字的に可能性は残っているものの、得失点差21ということを考えると、現実的に「6位以内」に入る可能性は消滅してしまった。水戸にとってあまりにも痛い敗戦を喫したと言うしかない。

(残り 2544文字/全文: 2862文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック