『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催 〈お得な前売りは本日18時まで〉

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第27節愛媛FC戦「全員が当事者意識を持ち、もぎ取った勝ち点1。ただ、苦しい状況から脱するためにも勝たないといけない試合だった」(2017/8/12)

【写真 水戸ホーリーホック】

ハーフタイムに選手たちの意志により修正

それは確かな変化であった。
ハーフタイムでロッカールームに戻ると選手たちはすぐに話し合いをはじめ、「相手の左サイドに流れる小島(秀仁)選手に起点を作られている。なので、逆サイドにボールを運ばせて、そこでボールを奪いに行くようにしよう」という結論に至った。そして、チームを代表して林陵平が西ヶ谷隆之監督のもとに行き、その旨を伝えると、西ヶ谷監督も受け入れて、その策を採用することにした。

(残り 1682文字/全文: 1975文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ