監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

デイリーホーリーホック

J2第24節レノファ山口FC戦「『6位以内』への距離を縮める大切な一戦。コンディション的に厳しい状況で求められる『一新した姿』」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

コンディション面で不利な状況

「6位以内に入る」。その言葉を合言葉に今季の水戸は戦ってきた。一時は降格圏近くまで落ちたこともあったが、直近5試合を3勝1分1敗という結果を残し、下位から脱することができた。現在リーグ戦4試合負けなし、前節京都戦を勝利して今季2度目の連勝を達成した。まだ14位ながらも6位との勝ち点差を8に縮め、確実に射程圏内に近づくことができている。

(残り 1370文字/全文: 1635文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック