『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

デイリーホーリーホック

年末恒例「北関東番記者座談会」part1 「どうなっているの?群馬」

やってきました、シーズンオフ定番のこの企画。12月20日、トークイベントに参加する予定もあり、水戸担当の佐藤拓也、群馬担当の伊藤寿学、栃木担当の鈴木康浩が東京都渋谷区に集結。華やかなクリスマスのイルミネーションに彩られた町の中、激動のサッカー界で北関東3クラブがいかに生き残っていくのかについて考える対談を行いました。3クラブ番記者による、毎年の定点観測的な対談をお楽しみください!

【参加者】
伊藤寿学(群馬)
群馬サッカーNEWS Gマガ

鈴木康浩(栃木)
栃木フットボールマガジン

佐藤拓也(水戸)
デイリーホーリーホック

白熱の北関東対談スタート!

佐藤(水戸)「大丈夫すか? 群馬!」

伊藤(群馬)「えっ! どうして?!」

鈴木(栃木)「選手の動きをみると、大量の契約満了じゃないすか?」

佐藤(水戸)「これまではイジれたけど、周囲からみると本当にヤバそうに見えますよ」

伊藤(群馬)「そうなの! まったく悲観してないですけど!」

鈴木(栃木)「逆になんでですか?」

佐藤(水戸)「悲観してない根拠が、俺らには分からないんですよ」

伊藤(群馬)「J3留年ですから(笑)」

鈴木(栃木)「栃木は2年目でもそんなに大量の満了はなかったですよ」

伊藤(群馬)「(12月20日現在)水戸から佐藤祥が来て、大学生が3人決まって、フットサルはできるよ! テストマッチやりますか(笑)」

(残り 3444文字/全文: 4012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック