【サッカーパック人気1位】 残留争い直接対決、鹿児島との大一番。チームが一つになった愚直な姿勢なく…

デイリーホーリーホック

J2第23節FC琉球戦「小川航基のデビュー戦衝撃ゴール! 新加入選手がチームに融合し、新たな『彩』を表現しての快勝」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

流れを取り戻す起爆剤となった新加入選手たち

前半、CKから2得点を挙げて優位に試合を進めていたが、後半に入ると、風向きが変わった。「後半、中盤の形を変えて、選手交代をしたことによって、よりアグレッシブにチーム全体で狙いを見せることができました」と琉球の樋口靖洋監督が振り返るように、前半の1トップシステムから後半は2トップシステムに変更。後半開始から2トップの一角として投入された上門知樹がDFの背後に走り込み、ボールを引き出しながら攻勢を強めてきた。そして56分にCKから失点。1点差に詰め寄られると、さらに琉球が勢いを出して攻め込んできた。

(残り 1271文字/全文: 1625文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック