今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

デイリーホーリーホック

平野佑一選手「前半からインテンシティやテンションを上げて、いかに自分たちの時間にできるかが目下の課題」【コメント】

【写真 米村優子】

Q.水戸らしい粘り強さが出た横浜FC戦でした。
「久々に失点ゼロで押さえられたのは大きな成果だったと思います。しかし、引き分けをいかに勝ちにつなげられるかは今後の課題でもあります。そういう意味では、割り切って守備に回ってしまった前半が何とかならないかな、というのは自分のイメージとしてあります。後半は運動量が多い分、相手が落ちてきて、自然とうちが持ち込める展開になるのは、どの相手でも同じこと。後半に違和感を覚えることはなくて、いかに前半をいい形で迎えられるかが今後の課題です。先制したら負けることはほとんどなく、勝ち切れる試合が多い。前半をいかに自分たちの時間にできるか。そこは取り組むべき課題なのかなと思います」

Q.前節において、前半をもっとこうすれば良かったと感じる点とは?

(残り 1453文字/全文: 1870文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック