【サッカー人気3位】ワクワクするスタメンと反する結果、レノ…

デイリーホーリーホック

J2第17節栃木SC戦 「“水戸ホーリーホック”に本気になれているか」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

本間幸司の後悔

ダービーとはいえ、勝負事である限り、勝つときもあるし、負けるときもある。クラブのプライドがぶつかり合うダービーは「結果がすべて」であり、負けるという事実自体、受け入れられるものではないが、それ以前に「戦う姿勢」すら出せなかったことに愕然とさせられた。

残念ながら、今節の水戸はダービーを戦うだけの覚悟を持ち合わせていなかった。その一言に尽きる。水戸は序盤から栃木の激しいプレッシャーを受けてロングボールを蹴ることに終始。「相手のプレッシャーに屈して、攻撃的な仕掛けができない。ボールを持つことを怖がっているようにさえ見える場面もあった」と秋葉忠宏監督が嘆いたように、チーム全体の弱気がプレーに表れていた。

(残り 1616文字/全文: 2007文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック