【サッカー人気2位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

デイリーホーリーホック

「その時、ピットブルは何を伝えていたのか」【取材後記】

【写真 水戸ホーリーホック】

第19節レノファ山口FC戦、トドメを刺したのはアレフ・ピットブル選手でした。90分、相手のフィードボールをカットした奥田晃也選手がDF裏に送ったパスを受けたピットブル選手が爆発的なスピードでマーカーを振り切り、豪快に左足で蹴りこんで、勝利を決める4点目を挙げました。

バク宙などこれまで様々なゴールパフォーマンスを見せてきたピットブル選手ですが、このゴールではゴール裏のテレビカメラに一直線。カメラに向かって、胸のエンブレムを叩きながら、何かを語りかけていました。

一体、誰に向けて、何を伝えていたのでしょうか。

(残り 421文字/全文: 758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック