【サッカー人気3位】WEリーグのパートナーシップを企業側と…

デイリーホーリーホック

J2第26節松本山雅FC戦 「『自立したサッカー』のターニングポイント。次のフェーズに進むための重要な一戦。主体性を持って松本を攻略したい」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

誰もが主体的に戦えるチームへ

間違いなく、今、チームはターニングポイントを迎えている。
前節千葉戦は、「全部選手が主体でミーティング、分析をして試合に臨みました」と秋葉忠宏監督が振り返るように、選手たちが主体となって戦い方を決めて、意思統一を図って挑んだ一戦だった。その結果、5対1の快勝をおさめ、「全部選手が自分たちの力、もっと言えば、感性や考えるところ、どうやってサッカーをするのか、どうやって戦っていくのかというところも含めて、選手がやってくれて、この結果を引き出してくれました。すごいポテンシャルを持っていると思います」と秋葉監督は選手たちを称賛した。

(残り 1594文字/全文: 1955文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック