【サッカー人気3位】大津祐樹のジュビロ磐田への移籍は、ひと…

デイリーホーリーホック

深堀隼平選手「チームの勝利のために点を取りたい。それがFWの仕事」【コメント】

【写真 佐藤拓也】

Q.愛媛戦を振り返ってください。
「前半から自分たちの狙い通り、前からプレスをかけてはめることができていました。最後は追いつかれましたが、それまではパーフェクトに近い試合ができたと思っています。自分たちのやりたいサッカーをみんなで共通意識を持ってできていたと思います。ただ、後半の立ち上がりに退場者が出てから、なかなかプレッシングがかかりにくくなったり、攻撃に出られない時間が続いてしまった。その中でもいろいろ収穫があったと思っています。次につながる要素はありました。でも、厳しいジャッジに泣かされたという印象が強いです。でも、それも含めてサッカーなので、仕方ないですね」

Q.収穫というのは?

(残り 1042文字/全文: 1415文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック