【サッカー人気3位】【西部謙司の移籍通信簿】180度転換の…

デイリーホーリーホック

沼田邦郎前社長インタビュー(後編)「スタジアム建設計画はコロナ禍の影響を受けはしたものの、着実に前進している」【インタビュー】

一昨年11月にスタジアム建設計画を発表したものの、気になるのは新型コロナ感染拡大による影響。予定通り、計画は進んでいるのか。
また、同時に発表したアカデミー施設の建設がどういう状況なのか。
沼田前社長に話を伺った。

3年前の講演から「スタジアム建設構想」は一気に動き出した

Q.スタジアム建設について話を聞きたいのですが、コロナ禍の影響はあるのでしょうか?
「ありますね。結局、一昨年の11月の記者会見の前まではいろんな関係者が集まって話をしていて、理想通りのスタジアム建設はできるだろうなというところまで話を進めることができていました。関わっていただく企業様や投資していただく企業様からもいい話をいただいていたのですが、コロナの影響によって、いろいろ状況が変わってしまいました。でも、そうは言っても、話が止まったわけではありません。今も月に1,2回は外部のみなさまとスタジアム建設の会議を開いています」

Q.コロナ禍により、スピードダウンしたところはあれども、話自体は進んでいると。

(残り 3443文字/全文: 3879文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック