【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

デイリーホーリーホック

J2第7節FC琉球戦「“ボックス内”のこだわりの差に屈する。『パス成功率83%』が意味するもの」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

勝負を分けた2点目の攻防

「どっちが先に点を取るかでゲームの主導権が変わっていく中で我々は取れずに取られてしまった」。秋葉忠宏監督が悔いた。

シュート数は水戸15本、琉球14本。枠内シュートは水戸が10本、琉球が8本。ボール支配率は水戸が56%、琉球が44%。このスタッツが示す通り、ほぼ互角の展開で試合は進んだ。だが、2対0というスコアで終わった理由は水戸が大切にしている“ボックス内”の攻防で上回られたことにある。

(残り 2265文字/全文: 2555文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ