【サッカー人気4位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

デイリーホーリーホック

J2第29節ブラウブリッツ秋田戦 「チューニング調整の難しさ。ボール支配率7割超ながらも大敗。This is football too」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

秋田の分析がことごとく裏目に

「清々しいぐらいの完敗」
試合後、開口一番に秋葉忠宏監督は素直にそう認めた。
ボール支配率7割を超え、ほとんどの時間帯を秋田陣内で進める“ワンサイドゲーム”の様相を呈す試合展開を繰り広げたものの、結果は0対3の大敗。攻めているチームが優位に立つわけではない、サッカーの奥深さを嫌というほど感じさせられた90分であった。
This is football tooだ。

(残り 1688文字/全文: 1961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ