【サッカー人気2位】興梠慎三が「自分としては一番好きなプレ…

横浜本牧フットボールマニアックス

シュタルフ監督が振り返る2019年とは?[コラム]

(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「3点リードをしましたが最後の最後までわからなかったので、勝つのは簡単じゃないんだなと思いました」。

シュタルフ悠紀リヒャルト監督が第3節・八戸戦(4-3)を回想する。「勝つのは簡単じゃない」という想いはその前の試合、第2節・C大23戦(0-1)で「シュートをたくさん撃ちましたけども一発でやられてしまった」ことも効いている。「勝利の重みと喜びと勝つことの難しさを感じた」。それが八戸戦、最初の勝利だった。

「本当にどんなものなのかまったくわからないことから始まったので、自分にできるのか自分に選手が付いてきてくれるのか不安のなかでのスタートだった」。

Y.S.C.C.横浜監督就任一年目、初めてのJ挑戦となった2019年はこうして始まった。

(残り 1252文字/全文: 1586文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック