【サッカー人気2位】【クラブニュース】金崎夢生が新型コロナ…

横浜本牧フットボールマニアックス

PKはオレが蹴る。宮尾孝一と山本凌太郎の主張という名のコミニュケーション【コラム】

2020年3月11日 川崎
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

トレーニングマッチ
東京ヴェルディ 0-3 Y.S.C.C.横浜
2020年3月11日(水) ヴェルディグラウンド

[得点]
YS横浜 宮尾孝一 (PK)
YS横浜 山本凌太郎
YS横浜 音泉翔眞

▼PKはオレが蹴る

均衡を破ったのは、西山峻太だった。中央からドリブルを仕掛けた西山が倒されたのは、ペナルティエリアの中。主審は手を上げ笛を吹いた。仲間たちが西山とハイタッチを交わしている時、山本はひとりボールを拾いに行く。そして小脇にボールを抱えゴール前に行くと、そこには宮尾が待っていた。

「蹴りたい」。

素直に気持ちを伝えた山本は、気合を込めた握りこぶしを出した。

「勝てなかったです」。

そう話した山本の目の前には、宮尾の大きく広げた手のひらがあった。

「(山本)遼太郎も蹴りたいという気持ちが強かったので、今日はTRMでしたのでじゃんけんで決めました」。

神様にゆだねられたPKは、宮尾のものとなった。『点を獲りたい』『試合に勝ちたい』という2人の強い気持ちが、そのじゃんけんに込められていた。

(残り 671文字/全文: 1131文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック