【サッカー人気1位】実直なプレーで王者に対抗 献身性を見せ…

J論プレミアム

女子はどこも読売系のサッカーになっている…「女子だから」という固定観念を取り払うサッカーをしたい【北野誠インタビュー前編】

今季からなでしこリーグ1部のノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した北野誠。
サッカー界きっての熱血仕事人は女子サッカーにどんな風を起こそうとしているのか?
また「DAZNは解約していない」と言う氏に、今季のJ2をたっぷりと占ってもらった。
ライター・ひぐらしひなつによる濃厚なインタビューを前編・後編の2回に分けてお届けする。

 

 

■異質な女子サッカーのスタイルを目指したい

――今季はまたステージを変えて、女子サッカーを指導されるんですね。就任されてみての感触はいかがですか。

正直、いまはまだ物足りなさを感じてます。男子に比べるとスピードがない。まあ、いままで一緒に仕事してきた男子の選手たちとは真逆ですからね。

――これから、そういう女子の特性を生かした戦い方を編み出していかれるわけですよね。

うーん、それがね。みんな「女子だから」っていう意識があるでしょう。女子だからパスの飛距離がない。女子だからスピードがない。そういう固定観念が強いなと思っていて。

――実際はどうなんですか。

蹴れる人と蹴れない人がいるわけですよ。だから、蹴れる人を然るべき場所に配置しておけば、なんの問題もないと思うんですよね。でも現状の女子サッカーは「短いパスをつないで」とか「距離を狭くして」というやり方にとらわれているイメージがあります。だから、監督に就任して以来、トレーニングでもうちょっとパスの距離を広げたり、人と人との関係を広げたりして、いまは全然違うサッカーになってきてる。

いろんな女子チームの映像を見たけど、佐々木則夫さんが率いてワールドカップで優勝したときのチーム、あの感じそのままですよね、現在も。要はどこも読売系のサッカーなんですよ。

――では北野監督が育てるノジマステラは今後、違うスタイルで突出していくわけですね。

異質なサッカースタイルを目指したいと思います。

 

※この続きは「サッカーパック」に登録すると読むことができます。

(残り 2449文字/全文: 3271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック