今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

WE Love 女子サッカーマガジン

ポジショナルなチームで技巧派レフティが繰り出すエレガントなプレー ベストイレブン 三浦桃選手(名古屋)

2021年シーズンにNGUラブリッジ名古屋はなでしこリーグ1部に初昇格しました。選手と選手の距離を広く取り、ピッチを大きく使って展開するNGUラブリッジ名古屋のポジショナルなパスサッカーは、サッカー関係者の間で評判となりました。そのNGUラブリッジ名古屋の中央のポジションで、真紅の王女のように華麗に舞う背番号10が三浦桃選手選手です。

筆者は、スタンドから背番号が見えなくても、ボールの持ち方で「三浦桃選手がボールをキープしている」と分かります。ボールの持ち方に特徴ある選手です。2021年シーズンは、ボランンチとして、中盤の底からトップ下まで、前後左右にポジションを動かして、ゴールに直結するプレーを魅せました。得意なプレーは左足からのスルーパス。

三浦選手は今年からキャプテンに就任しました。三浦選手は日体大FIELDS時代になでしこリーグ1部を経験済みでしたが、多くの選手は未知の戦いに挑みました。どのように、強敵に挑んだのでしょうか。

今回は、プレナスなでしこリーグ2021表彰式でベストイレブン表彰を受けた三浦桃選手の魅力に迫ります。

ベストイレブン表彰 提供:なでしこリーグ

試合を通して成長してきた今シーズン

ベストイレブンおめでとうございます。

ありがとうございます。びっくりしました。ベストイレブンは、リーグの順位が1位、2位、3位の上位クラブから選手が選ばれる賞だと思っていました。自分自身は、そこまで目立ったプレーをした自覚がありませんでした。絶対的な得点力やアシスト……印象に残るプレーをできなかったと思っていました。

でも、昨シーズンよりも今シーズンの方が、試合を通して成長している感じはしました。今シーズンは、簡単な試合がひとつもありませんでした。そんな中でチームをうまくコントロールすることを意識し始めました。すると自然に、自分のプレーの向上につながりました。

磯村健監督は「相手を見ること」「相手を外すこと」を口うるさく言ってくださる監督です。昨シーズンから、それを意識し、実践で活かせるようになったのは今シーズンからだと思います。技術だけでは難しいことも、立ち位置の選択であったり、技術以外のことで上手く向上できた感じがします。

やろうとしていたことが、上手く噛み合ったのですね。ベストイレブン表彰は、対戦相手の選手が投票します。主にどこが評価されて表彰されたと思いますか。

ボールを失わないことですかね。

私は、久しぶりに、なでしこリーグにエレガントな選手が登場してきたという印象を持ちました。

ホントですか?対戦相手の中には、ミーティングで「NGUラブリッジ名古屋は中心の三浦桃を潰せ」と言っていたチームもあったようです。対戦相手から、そのように見られる存在になれたのかもしれません。

このサッカーを突き詰めるためには技術が必要

逆に物足りなかったところはありますか?

ゴール数とアシスト数が少ないです。もっと点に絡める選手にならなければなりません。後のポジションでゲームを作れる選手にはなれましたが、さらに上に行くために、ボランチであっても、前で点に関われる選手になる必要があります。

ミドルシュートを積極的に打つこと、ゴール前に侵入する回数を増やすこと……運動量を増やさなければならないです。技術以外の要素も追求していきたいと思います。

NGUラブリッジ名古屋の8位という順位については、どうお考えですか?

前半戦は勢いがありました。夏以降、後半戦の失速は残念でした。2クール目は、対戦相手に前からプレスをかけられたりして、研究され、後手を踏んでしまう試合が多かったです。それに対応できなかったのが反省点でした。

私は第3節のオルカ鴨川FC戦が、三浦さんの試合の初観戦でした。選手をポジショナルに配置して、ピッチを大きく使うサッカーに感動しました。「なでしこリーグでも、Jリーグと同じように、このサッカーをやるチームが出てきたか!」と驚きました。今シーズンの序盤は、対戦相手も、皆、NGUラブリッジ名古屋のプレーに戸惑ったのではないでしょうか?

そうですね。それで、前半戦は勝ちや引き分けで勝ち点を取れる試合が多かったと思います。

(残り 1605文字/全文: 3434文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ