Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

JリーグがVARを導入するために必要なこととは?「まず最初に言えることは、早急に導入しないこと。そしてVARの使用目的が何なのか、きちんと理解すること(デイヴィッド・エルレイ氏)」~VARに関するメディア説明会より(7)~

Jリーグは3月22日、JFAハウスで2018シーズンより試験導入に向けた準備を開始するVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関するメディア説明会を開催した。説明会には国際サッカー評議会(IFAB)テクニカルダイレクター兼イングランドサッカー協会(FA)審判委員長のデイヴィッド・エルレイ氏、日本サッカー協会(JFA)の小川佳実審判委員長、Jリーグ原博実副理事長が出席した。

今回から数回に分けて、説明会での出席者のコメントをお届けしてします。

(6)はこちら


○デイヴィッド・エルレイ氏
それでは、VARについてまとめます。

多くの人にとってのVARの第一印象は、家でとても簡単にTVを見て携帯で指示しているのではないかと思ったそうです。
VARは、主審の教育というのが非常に重要になってきます。そしてVARは選手の行動を変える、そしてフットボールの試合の高潔さを改善する可能性を秘めています。
VARの導入で、シュミレーションがバレてしまいます。試合中に選手が乱暴な行為や著しく不正なプレーをした場合には、罰せられます。

VARの導入によって、試合の不正操作がもっともっと難しくなってきます。

(残り 2027文字/全文: 2520文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ