【サッカーパック人気2位】 なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】2019年6回目のJリーグの理事会を開催。「Jリーグの2030年ビジョン、それから中期の事業計画について議論しました(村井チェアマン)」

6月20日、JFAハウスにて2019年6回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。

理事会後の会見では「Jリーグの2030年ビジョン、中期の事業計画について」の議論の進捗状況についての説明が行われた。

※今回は記者会見の様子を中心にお届けしています。

○村井満Jリーグチェアマン
「理事会の報告をさせていだきます。本日の決議事項は1点(実行委員選任について)ですが、全体を通して時間をかけて議論したのは、前にも一度少しお話したかもしれませんが、Jリーグの2030年ビジョン、それから中期の事業計画について議論しました。

まずJリーグの2030年ビジョンというのは、18年のロシアワールドカップ、2022年のカタール大会、2026年のアメリカ・カナダ・メキシコ共催、その次の2030年(開催地未定)。ロシアワールドカップから4年×3クール、12年先をイメージしながら、12年後のJリーグを言語化する作業をしています。4年経過した2022年のカタールW杯の時には、今度は2030年ビジョンが2034年ビジョンになり、4年ごと後ろにずらしながら、常にJリーグは12年先を見ながら経営していくJリーグビジョンを策定していて、現在ほぼほぼ最終フェーズまで来ています。

2018年PUBレポートより

(残り 1379文字/全文: 1994文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック