タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ミス多発で自分たちを苦しめながらも、しぶとく勝点3を手にした末の5連勝/J2 第23節 柏 vs 金沢【レビュー】

明治安田生命J2リーグ第23節

柏 1−0 金沢

得点者:23分 クリスティアーノ(柏)

●スタメン

GK中村航輔、DF小池龍太、染谷悠太、田上大地、古賀太陽、MF大谷秀和、クリスティアーノ、三原雅俊、江坂任、FW瀬川祐輔、オルンガ

 

前回対戦でも、金沢は前線のターゲットマンへのハイボールを多用してきた。

金沢は、そのハイボールを入れた後のセカンドボールの争いを生命線としているだけあって、狙いも明確だった。SHが内側にポジションを取り、2トップ、ボランチ、SHの6人でこぼれを狙う。チームとしてセカンドボールを拾うスタイルを貫いているからこそセカンドボールへの反応も出足が鋭い。

ただ、セカンドボールの争いに関しては苦しんだものの、完全に後手に回ったわけではない。柏が2次攻撃を浴びた最大の原因は、入ってくるボールを跳ね返した後、もしくはセカンドボールを拾った後のプレーの質に欠けたことである。

染谷悠太は「金沢がハイボールを入れてくるのは前回対戦でもわかっていたし、スカウティングでも早い段階でSBの裏に流れてくるというのはわかっていました。そこはある程度対応できたと思いますけど、クリアを弾く質を高めなければいけない」と振り返っている。

(残り 1876文字/全文: 2392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック