0‐7の処方箋(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「今後勝点を積み上げていく一歩として価値のある勝点1になる」/J1第7節 横浜FC vs 柏【試合終了後コメント】

○ネルシーニョ監督

−後半途中から仲間選手を入れて、サヴィオ選手とのダブルボランチになりました。本来アタッカーの二人をダブルボランチに置いて、彼らにはどのような役割を与えたのでしょうか。また、土壇場でもぎ取ったこの勝点1の意味を教えてください。

「サヴィオと(仲間)隼斗をダブルボランチで起用したわけですが、前半はなかなか守備から攻撃の形に攻め上がることができず、横浜も後半に入って守備を固めてきたので、クオリティーがあって前線にボールを運べる選手を起用する必要がありました。後半の入りはサヴィオとヒシャのダブルボランチでやっていたんですけど、ヒシャのところからボールを奪って有効な攻撃を仕掛けることができなかったので、ヒシャに替えて隼斗を入れて、サヴィオとのダブルボランチにしました。

(残り 1124文字/全文: 1465文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ