今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

カワジうぉっち

【マリノスうぉっち】大分戦のゴールに天野純のポジショニングがもたらした崩しの効果

横浜F・マリノスはホームで大分トリニータとニッパツ三ツ沢球技場で対戦。前半から攻め込み、多くのチャンスを作りながらも得点を奪えませんでしたが、後半29分にティーラトンの高い位置でのボール奪取を起点に三好康児、仲川輝人、広瀬陸斗とつなぎ、最後はエジガル・ジュニオのシュートが一度は三竿雄斗に弾かれるも、リバウンドを流し込んでゴール。そのまま逃げ切り勝利を飾りました。

この試合はベルギー2部ロケレンへのレンタル移籍を発表した天野純のラストマッチであり、試合後にはスタジアムのファン・サポーターに挨拶が行われました。このゴールはボールの展開だけ見ると天野は全く関わっていませんが、実際は非常に大きな効果をもたらしていることが分かります。

(残り 1117文字/全文: 1432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック