サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

カワジうぉっち

【代表&Jうぉっち】[特別企画]「みんなで選ぶE-1日本代表」

”森保ジャパン”は9月に新全試合のパラグアイ戦、そしてW杯アジア二次予選のスタートであるミャンマー戦に臨みましたが、いわゆる”国内組”は4人でした。

もともとJリーグで育った有力選手が欧州に渡っているのだから当然とはいえ、日頃からJリーグをチェックしているファンサポーターなかなか現在の”森保ジャパン”に感情移入しにくいところもあるでしょう。

しかし、年末に日本代表は東アジアサッカーの祭典であるEAFF E-1選手権に参戦します。FIFAの公式大会ではないため選手の拘束力がなく、Jリーグから協力してもらう形で代表チームが編成されるため、原則的に全て国内組となります。

もちろん、そこで良いパフォーマンスを見せれば、その後のアジア予選で欧州組に割って入る期待も高まるでしょう。そこで今回はいち早くJリーグのファンサポーターみんなでE-1日本代表を選んでしまおうと言う企画です。

ただし、来年1月には東京五輪の候補で構成されるもう一つの”森保ジャパン”がタイで行われるU-23アジア選手権に参加するため、企画内ルールとして、U-22の選手は最大でも3人までと言う形になります(実際にそうした制限はありません)。また事実上の代表引退を表明している酒井高徳(ヴィッセル神戸)は対象外としました。

鹿島アントラーズと浦和レッズは現在戦っているACLで優勝すれば、アジア代表としてCWCに参加する権利を得るため、その場合おそらくE-1選考の対象外になると見られますが、今回は選考に含めます。ACL優勝を信じてやまない鹿島と浦和のファンサポーターも割り切ってお付き合いください。

事前にツイッターで選手の推薦を募集したところ、各ポジションの候補は以下の通りとなりました。

GK部門(3人:候補7人)

中村航輔(柏)

林彰洋(FC東京)

大迫敬介(広島)

東口順昭(ガンバ)

高丘陽平(鳥栖)

高木駿(大分)

西川周作(浦和)

SB部門(3人:候補9人)*本職の左SBを一人は選ぶ

室屋成(FC東京)

松田陸(セレッソ)

小池裕太(鹿島)

丸橋祐介(セレッソ)

佐々木翔(広島)

広瀬陸斗(マリノス)

内田篤人(鹿島)

西大伍(神戸)

田中達也(大分)

CB部門(4人:候補11人)

畠中慎之輔(マリノス)

福森晃斗(札幌)

荒木隼人(広島)

中谷進之介(名古屋)

鈴木義宜(大分)

槙野智章(浦和)

三浦弦太(ガンバ)

谷口彰悟(川崎)

犬飼智也(鹿島)

瀬古歩夢(セレッソ)

渡辺剛(FC東京)

ボランチ部門(4人:候補12人)

喜田拓也(マリノス)

三竿健斗(鹿島)

山口蛍(神戸)

橋本拳人(FC東京)

大島僚太(川崎)

田中碧(川崎)

守田英正(川崎)

扇原貴宏(マリノス)

川辺駿(広島)

稲垣祥(広島)

名古新太郎(鹿島)

齊藤未月(湘南)

2列目部門(6人:候補13人)

仲川輝人(マリノス)

柏好文(広島)

小野瀬康介(ガンバ)

土居聖真(鹿島)

関根貴大(浦和)

奥埜博亮(セレッソ)

和泉竜司(名古屋)

江坂任(柏)

前田直輝(名古屋)

白崎凌兵(鹿島)

脇坂泰斗(川崎)

小塚和季(大分)

倉田秋(ガンバ)

FW部門 3人(候補9人)

古橋亨梧(神戸)

オナイウ阿道(大分)

藤本憲明(神戸)

鈴木武蔵(札幌)

永井謙佑(FC東京)

興梠慎三(浦和)

小林悠(川崎)

山﨑凌吾(湘南)

呉屋大翔(長崎)

■投票日

9/17 GK、SB

9/18 CB、ボランチ

9/19 2列目、FW

(残り 955文字/全文: 2324文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック