【サッカー人気1位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

カワジうぉっち

東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。U-23日本代表に未招集の注目タレント(スピンオフ)パート1

新型コロナウイルスの影響を受けて、東京五輪が来年の7月23日開幕に延期が決定しました。

男子サッカーはU-23という出場資格をそのまま継続するのか、U-24に引き上げるのかが注目されますが、1年間の延期によって、本来ならほぼノーチャンスだった選手にも、メンバー入りのチャンスが出てくることは間違いありません。

今年のJリーグ開幕戦で確かなポテンシャルを見せた大卒ルーキーや年齢的に”谷間の世代”である99年、2000年生まれの選手なども今後の成長によって一躍、有力候補に浮上する可能性があります。

ヤフーで「東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。U-23日本代表に未招集の注目タレント10」という記事を掲載し、多くの反響がありましたが、そこではピックアップできなかった注目選手を紹介していきます。

佐野海舟(FC町田ゼルビア)

米子北から加入した町田でルーキーイヤーから21試合に出場しました。MF登録ながら相馬前監督には左右のサイドバックで起用され、主にディフェンスで強さを発揮した一方で、攻撃面で目立った活躍はできませんでした。

ランコ・ポポヴィッチ新監督は開幕戦で彼をボランチのスタメンに抜擢し、高江麗央とともに中盤で相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪って自分たちの攻撃につなげる役割を担いました。

4ー4ー2の2ボランチでも佐野がバランスを取りながら相手の出所を封じる役割で、高江は前の方で攻撃に参加していく色が強いですが、視野が広くインサイドにも絡める右サイドハーフの吉尾海夏とうまく関係を築きながら、平戸太貴、マソビッチ、ステファンという魅力的なアタッカー陣を生かす形を構築できれば、かなり面白い存在になって行きそうです。

中盤であれば五輪世代では田中碧や齊藤未月と言ったJ1のクラブで主力を張るタレントがライバルになりますが、若手の多い町田の躍進とともに名前が響き渡ればチャンスはありそうです。

(残り 1574文字/全文: 2371文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック