【サッカー人気3位】少ない観客だからこそ現れる浦和らしさと…

カワジうぉっち

期限付き移籍選手の定点観測:横浜F・マリノス

Jリーグの移籍市場には完全移籍での移籍のほかに期限付き移籍があります。期限付きでも育成型、買い取りオプションの有無などありますが、総合的に期限付き移籍選手の定点観測をしたいと思います。

横浜F・マリノス

ブラウンノア賢信(カマタマーレ讃岐)

松田詠太郎(SC相模原)

生駒仁(ギラヴァンツ北九州)

椿直起(ギラヴァンツ北九州)

吉尾海夏(FC町田ゼルビア)

泉澤仁(ヴァンフォーレ甲府)

原田学(SC相模原)

山田康太(水戸ホーリーホック)

山谷侑士(水戸ホーリーホック)

西山大雅(ラインメール青森)

マリノスはJ1の18クラブにおいてもっとも期限付き移籍を活用している1つです。加入して間もない若手選手をJ2やJ3、時にはJ1の他クラブにレンタルして成長を促すというプランニングは以前からありますが、昨年J1のチャンピオンになり、今年はA C Lを戦うため、トップチームは将来性より即戦力をメインにしたチーム編成にならざるを得ません。

(残り 1789文字/全文: 2194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック