【サッカー人気4位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

サッカーの羅針盤

【フクロウの時報】勝利から中2日で迎えるガンバ戦。ミシャ「より攻撃的に。面白いサッカーを見せる」

熱戦となったレッズ戦から中2日で臨んだアウェイ・鳥栖戦で勝利を持ち帰った北海道コンサドーレ札幌は、中2日でホームにガンバ大阪を迎える(@札幌厚別公園競技場)。

水曜日に試合のなかったガンバと比べると、コンディションに差があるのは否めない。

だが、10試合ぶりに勝利を得た札幌は、何より指揮官のミシャが元気だ。

「これですべてがよくなるとは思っていない。勝ったり負けたりしながら、我々がやるべき狙いを継続していく。札幌のサポーターだけではなく、日本のサッカーファンが見て面白いサッカーを目指して、よりアグレッシブに攻撃的にいく」と、リーグ後半戦も、より攻撃的なサッカーで楽しませてくれそうだ。

 

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪は、仙台戦、湘南戦とここ2試合勝利していない。

湘南のディフェンスに苦しんだガンバは3ー4ー2ー1のミラーゲームの中で22本のシュートを記録したものの、ボックス内で決定的なシーンを生み出すに至らず、FWを渡邉千真からアデミウソンに交代してゴール前に鋭さを加えようとしたところで、湘南の狙い通りの崩しから3バックの一角である大野和成に流れから抜け出されて失点した。

(残り 889文字/全文: 1381文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック