【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

サッカーの羅針盤

【代表通信】甲府から日本の大砲へ。その名は内藤大和:目標はレバンドフスキ。ガンバ南野遥海は最高のライバルでパートナー

2020 SBSカップ ドリームサッカーで清水エスパルスユースと静岡ユースに連敗して大会を終えた”04ジャパン”U−16日本代表ですが、その中で人一倍気を吐いたのがヴァンフォーレ甲府U-18の内藤大和です。

1試合目は後半から、2試合目はスタートから出場して2試合連続ゴールをあげました。

1点目:坂井駿也を起点に右サイドで受けた石川晴大のクロスにニアで合わせる。

2点目:右サイドで仕掛けた北野颯太からの斜めのスルーパスに飛び出してスライディングで押し込む。

(残り 1732文字/全文: 1957文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック